PAGE TOP

HPHについて

日本HPHネットワーク紹介

舟越光彦

公益社団法人福岡医療団 理事長・千鳥橋病院 予防医学科科長
日本HPHネットワーク 日本コーディネーター 舟越光彦

日本社会は、超高齢化と健康格差の拡大という大きな健康問題に直面しています。それに応じて、医療機関などのヘルスサービスにも役割の大きな転換が求められています。

第一に、治療や看護などの従来の活動に加えて、ヘルスプロモーション活動に取り組むことです。超高齢社会は、複数の慢性疾患や障害を抱えながら生活する高齢者が多数となる社会を意味します。ヘルスサービスは、「病気を治すこと」に加えて、「地域包括ケアの時代にふさわしく、病気を予防すること、病気や障害を持ちながらでも健康に人間らしく生活できるまちづくりに貢献していく」ことが求められています。

第二に、健康格差の克服に積極的に取り組むことです。健康格差は世界規模で広がり、国際的にも健康格差の克服は喫緊の課題となっています。世界医師会長のマーモット卿も医師が健康格差に取り組むことを強く求めていますが、健康格差の解消はヘルスプロモーションの最も重要な課題となっています。

WHO(世界保健機関)の欧州地域事務局は、このような課題にヘルスサービスが取り組むためにThe International Network of Health Promoting Hospitals & Health Services(以下、HPH)という国際的なネットワークづくりを1989年から開始しました。現在、欧州やアジアを中心に800を超える施設が加入し活動しています。ヘルスプロモーション活動の良好実践の国際的な交流、国際的な多施設研究の実践、ヘルスプロモーション活動の基準となる自己評価マニュアルの作成などが行われています。

日本でも、2015年10月に日本HPHネットワークを結成しまた。その目的として、「患者、職員、地域住民の健康水準の向上をめざし、住民や地域社会・企業・NPO・自治体等とともに健康なまちづくり、幸福・公平・公正な社会の実現に貢献する」ことを掲げています。具体的には、患者、職員、地域住民を対象としたヘルスプロモーション活動の交流。国内カンファレンスの開催などの企画、研究活動、広報活動を旺盛に進める予定です。また、韓国、台湾などの北東アジアのネットワークとの交流も広げていきます。さらに、ヘルスプロモーション活動は、医療の質の向上に寄与することが明らかにされています。そこで、包括的な医療の質の向上に貢献できるヘルスプロモーション活動の展開も普及していく予定です。

日本には、医療機関が世界的にも先進的なヘルスプロモーション活動を実践してきた経験があります。こうした経験を引き継ぎ、ネットワークとしてヘルスプロモーション活動を通して幸福・公平・公正な社会の実現に貢献したいと考えています。多くのヘルスサービスのネットワークへの参加を期待しています。

COPYRIGHT (C) 日本HPHネットワーク.ALL RIGHTS RESERVED.